せるふ武蔵野サービスステーション・主任/2013年入社 皆川さん

来年で入社10年目となる武蔵野SSの皆川さん。もともとアルバイトとして働かれてたとか。

皆川さん(以下(皆))ヤマヒロの新座SSでアルバイトを10年していたんですが、その期間に、実は整備士の資格を取ったりしてました。もともと小さい頃から車が好きで、整備や修理するのに憧れを持っていたんです。

10年アルバイトを経験して、正社員になろうと思ったきっかけは何だったんでしょうか?

(皆) 整備士の資格を取得したことで車に触る機会が増えて、もっとヤマヒロに関わりたいと思ったから…! ですかね。 10年以上前の話なので、ガソリンスタンドは男性が多くて。でも、もっと成長したいって欲があったり、女性でも輝けるはず!って思ってました。実際に当時、ヤマヒロ内で女性は指で数えられる程しかいなかったし。 だからその時にいた女性社員に負けたくなかったですね。

皆川さんといえば、コーティングのイメージが強いですが、コーティングに力を入れ始めたきっかけは?

(皆)ヤマヒロでは、快適性部門で社内コンテストが開催されるんですけど、最初はコーティングに全然興味無くて。なめてました(笑)でも初めてコンテストに参加した時、130点(170点満点中)だったんです。それがもう悔しくて、恥ずかしくて。こんな点数?!って思って。私負けず嫌いなんで、そこから力を入れ始めるようになりましたね。

その後、社内コンテストでは2度の優勝。現在行われているキーパーコンテストでは全国トップクラスの163点をたたき出したとか。

(皆)この結果を出すまでに、2年から3年ほどかかりました。最初はヤマヒロ自体そんなに上手な人がいなくて、みんな同じくらいの点数だったんです。でもその中でも私はダントツに点数が低くて、センスがないのが悔しくて、毎日施工するのに時間を測るようにしました。お客様との時間を細かく決めて、分単位で測って。まずは時間を急ぐわけではなく、車を拭くのにどれくらい時間がかかるのか、自分の今の実力が知りたくて、把握することから始めました。でも、技術面がベースなので、それが前提にあってのスピードでした。効率を日々考えながらお客様の車を施工していました。

皆川さんからコーティングを学びに、他店舗の社員がよく来られるとお聞きしましたが、実際にそうなんですか?

(皆)そうですね、来てくれます。特にコンテスト前が一番殺到しますね。それも、わざわざ休みを使ってきてくれたりするんですよ。それで私が教えた人がコンテストで結果を出してくれたりすると、もうめちゃめちゃ嬉しいですね。

成長を感じるときはいつですか?

(皆) 難しいですね~。今現在でいうと、私から教えてもらいにわざわざ来てくれる方がいるから、その教えた方たちの結果が出たりすると、やっててよかったなって思います。自分の成長でいえば、一点でも上にあがれると成長できてるなって感じますね。あれだけ毎日時間を測ってやってたので、結果がでなければ今までの時間や努力って何だったんだろうと思ってしまうので、成長はし続けたいですね。

技術職のキャリアは女性で珍しいでしょうか?

(皆)珍しくはないと思ってます。女性でも技術職で活躍している方は多いです。それに、女性の方が活躍する場面もあると思います。細かいところに気が付く。ヤマヒロ社員の気づきのレベルは他の会社よりも高いと思うんで、より細かいところまで見れる女性目線が役立ちます。変な話ですけど、施工してる時近くで車を見てるはずなのに、客観的に離れて見えてるんですよ。実際は視界にも入ってないけど、遠くから見れてる。女性はそう見れるんじゃないですかね?(笑)

お子さんもいらっしゃるとのことですが、子育てしながら大変じゃないですか?

(皆) 大変です、、。モチベーションは、子供と次の日の休みを約束する。次何するかを決めると、それに向かって仕事が頑張れますね。それに、好きなことを続けたいのは親になっても同じだと思うんです。親である前に、一人の人間なので。色々な考え方があると思うけど、私は全てを子供にささげるのはできない。好きなことを続けて人生を楽しみたい。全てにおいて、100%出し切りたいんです。

今後のキャリアについてどう考えていますか?

(皆)今の山口社長が、社長に就任してすぐに「夢の作文」を提出したんです。夢を作文に書いて社長に提出するんですが、「仕事も子育ても100%力を注ぎます」って社長と約束したんです。それは変わらず夢ではあるんですけど、今頭にあるのは、仕事と子育ての“両立”に関してです。女性だけのコーティングプロショップを作れたらなーって思ってます。ガールズバーみたいな(笑)子供を育てる身として、1人で子育てをされている方もいらっしゃる、そういう方に向けて、ヤマヒロは働きやすい環境だよ!仕事と子育てを両立出来るよ!っていうのを伝えたい。子供が出来たら〝じゃあ辞めます”ではなく、〝続けたい”って思ってもらいたいですね。これは前から思ってて。当時は子供がいながら社員として働いてたのは私しかいなかったんです。そんな環境で、本当に働きやすい?って思った時に正直しんどかった。ヤマヒロでは、子供に対する前例が無かったんです。迷いに迷ってた時期だったんですけど、今は女性社員が増えてきたこともあり、ありがたいことに理解してもらって働きやすくなりました。

4月から武蔵野SSに新人が2人配属されていますが、今年の新人たちはどうでしょうか?

(皆)岩淵さんと佐藤さんの2人が新しく配属されてきたんですけど、「何やったらいいですか?次は?」って言える子たちですね。これは2人とも共通して言えること。言えない子っていると思うのに、しっかりそれを伝えられる子はすごいなって思う。逆に私が見習えることかなって思います(笑)出来ないことはあって当たり前。自分から聞くことが出来るのは良いことですよね~。それに武蔵野ってヤマヒロの中でトップクラスに仲がいいと思います(笑)

新人に一言お願いします!

(皆)夢を持つこと!夢を持つと、それに向かって頑張れる!夢は変わっても良いと思う。追いかけることで強くなれる。新人の佐藤くんは、私を抜かすって言ってるんです(笑)それがすごく嬉しい。そういう子を育てたいなって思います。「皆川さんを抜かしたいんで教えてください!」って、抜かしたい人に教えてもらってるのも、そういう姿勢はいいと思います(笑)

今後のキャリアにおいて意識していることはありますか?

(皆)キーパーだけのお店を作るにあたって、「金額や人数を考えて」って言われたことがあって、反省した時期があったんです。現実的になりやすいけど、保険をやってたり継続取引をしてたり、社長に与えられたことを、何かしらの形で応えていくことで、自分の夢の実現に近づいていくと思ってます。今はヤマヒロっていう会社の中でお店を作りたい気持ちが大きいです!

この記事を書いた人