人事部 主任/2017年入社 浅沼希美

サービスステーションでキビキビと働く姿を想像していたら、入社後の配属先は営業事務で拍子抜けしたとか。

浅沼さん(以下、(浅))はい、サービスステーション業務は入社したらまず経験するものと、ユニフォームを着て颯爽と動いているカッコいい姿をイメージしていたんです。学生時代はガソリンスタンドのアルバイトもいいな、なんて(笑)。“適性に応じた配属”ということで、「車検の速太郎」店舗で主にお客様の対応から顧客管理、書類作成などにあたっていた1年目でした。

ヤマヒロ入社の決め手は?

(浅)人です。就職のマッチングイベントや就職説明会で出会ったヤマヒロの採用担当者やいろいろな役職の人たちがずっと印象に残っていた。上から目線の就職担当者に違和感を感じる中、ヤマヒロの担当者は私たちと同じ目線で話をしてくれて、こんなに雰囲気が違う会社があるのかと。就職活動を続ける中でやがてヤマヒロが第一志望になり、最終選考ではヤマヒロで働いている自分を自然とイメージできていました。大学4年の6月に内定をいただき、そこで就職活動を終えました。

立教大学出身の浅沼さん。周りが名だたる企業に就職していく中、迷いはありませんでしたか?

(浅)迷いはなかったです。ただ入社してしばらくの間、友人には就職先を「車関係」とかボカしたりしていましたね(笑)。それは名前を言って、「なにその会社?」「なんで?」と周りから会社について聞かれた時に、この大好きな会社、仕事のことをしっかりと正確に伝えられる自信がなかった。ちゃんと言えるまで1年くらいかかったかな(笑)。

入社1年半で本社へ異動、人事部採用担当に。

(浅)最初は自分に採用担当の適正があるのか不安すらありました。が、成長する場を与えてもらったんだと。卒採用担当として内定者フォローや紹介会社との折衝、新規企画提案などにあたりながら、“学生の立場になって考えること”を大切に、彼らにとっての良き理解者、応援者でありたいと思い取り組んでいます。この会社の良さをもっと伝えられるように頑張らないと!と常日頃から思っています。

さらにその翌年は成績優秀者賞を受賞!どんな取り組みがあったのでしょうか?

(浅)それまでなかったインターンシップ制度を採用のプロセスの中で取り入れました。グループワークのほか、ランチ会や模擬面接など、会社について学びながらも自分のためになる提案をしました。今はインターンシップ制度はないのですが、問題意識を持って挑戦する姿勢が評価されたようです。他にも採用のウェブサイトを一新したり、内定者の採用後のフォローとして希望者には現場を見せにいったり。様々に体制を整えたことを評価していただけたのかなと思っています。

そして今年、入社4年目にして人事部・主任へ昇進されたばかりの浅沼さん。おめでとうございます!

(浅)ありがとうございます!自分でもこんなに早く主任になれるとは思ってもなくて驚きました。主任になったところで、上司や社長に求めるものを聞いてみたら、「成果が欲しい」と。現場から求められる人材の採用、育成により一層力を入れて成果を出し、主任という肩書きに見合った人間になりたいですね。半期に一度あるヤマヒロの評価制度はわかりやすく、 一番良い評価を取得した数で主任になれるという仕組み。若手でも昇進を目指すモチベーションになると思います。

仕事は楽しいですか? 今なら会社の良さを堂々と伝えられる?

(浅)正直、楽しいです。私、3年目の冬に高校時代の友人と忘年会をした時に驚いたんです。仕事の愚痴が飛び交う中、友人が投げかけた「仕事楽しい人?」というふとした質問に自分しか手が挙がらなかった。私は今、我慢することなく自分の意見を言えるし、責任感を持ちながらポジティブに仕事ができている。一緒に働く人にも恵まれ、風通しの良い職場環境に感謝しています。誇りをもって、自分の仕事について語れます!

今、どんな夢がありますか?

(浅)5年後、10年後どうなっていたい?ってよく聞きますよね。学生の頃は、働いている自分を想像すらできなかったし、なりたい姿なんか考えることができなかった。でも今は、10年後、結婚していたいし子どもも欲しい。昔は思っていなかったけど、今は仕事も辞めずに両立していたいと思います。ヤマヒロでも女性が働きやすい環境を整えていけるよう自ら発信し、サポートしていきたい。やるからには負けたくないし、責任を持ってやりたい。これはヤマヒロに入って養われた意識です。この先どこの部署でどんな環境でも、この会社に認められる人材になりたいと思っています!

この記事を書いた人