株式会社REX・マネージャー/2010年入社 下川智樹

2020年で入社10年目を迎える下川さん。ヤマヒロでの10年を振り返るといかがでしたか?

下川さん(以下(下))10年前の自分じゃ想像しようのないところにいますね。あ、もちろんいい意味です(笑)

入社当時のこと、覚えていますか?

(下)高校を卒業して会社見学をいくつもする中で、自分の成長をちゃんと見てくれそうなヤマヒロを選びました。同期は皆、大学を卒業した年上。ナメられたくない!と負けん気が強かったですね(苦笑)

社内運動会での1枚
現場時代

早くも3年目で主任に。

(下)成績上位に入ることが常連になった頃でした。その後は後輩やクルーが慕ってくれるようになったのを肌で感じるようになり、次は店長を意識。最年少で店長になりたいと思っていました。

ターニングポイントはその翌年。自ら社長に異動を申し立てたとか。

(下)はい、どうしても一緒に働いてみたい上司がいました。どこででも雰囲気を作るのが上手く周りに壁をつくらない方で、店長に抜擢された新店舗に私がヘルプに出かけた時に非常に影響を受けた。そこで社長とサシ飲みできる制度を使い、その方と一緒に働きたいと直談判しました。社長は私を店長にすることを考えていたようで、率直に「いいけど、それなら店長にするのは遅くなるよ」と言われました。遠回りはしましたが、その人の元で学び、大きい店舗でチームをどう動かすか目の前で見ることができたのは私の財産です。子どもがまだ小さく暮らしは大変な時期でしたが、背中を押してくれた妻に感謝しています。

一年後その方に次いで下川さんが店長に就いたのが25歳。設定した目標をひとつずつ実現していった感じでしょうか。

(下)そうですね。ヤマヒロでは夢や目標を聞かれる機会が多いんです。「3年後、5年後どうなっていたい?」「そのために何が必要?」その答えを口に出すと、全然違う。最初は漠然としていても、言い続けていくうちに意識が変わっていくんです。もともとは目標を立てたり、やりたいことを口に出すタイプではなかったんですけどね(笑)。27歳の時、子どもが小学校に上がる前にマイホームを購入することができたこともそのひとつ。これから引っ越しなので、ルーフバルコニーで大好きなBBQをするのが楽しみです(笑)。

その後2018年、新設された部署である技能センターで課長に。

(下)各店舗を廻って自動車販売のスキルを指導する社内コンサルティングが仕事になりました。車の販売は得意分野で実績もあり、自分でもスキルを磨いていたので、そうしたノウハウもマニュアル化し、実践してもらいやすい指導を心がけていました。サービスステーションで培ったスキルを社内に展開できるよう、技能センターのような社員向けにコンサルを行う部署があるのはヤマヒロの強みですね。

2020年4月から子会社で中古車を扱う㈱REXにマネージャーとして出向し、現在に至ります。

(下)元々REXは高級車を多く取り扱っている中古車販売会社。子会社となるにあたり、今後ヤマヒロとREXが上手くシナジーを生んでいけるよう、私が出向することになりました。最初は「なぜ自分なんだろう?」と思いましたが(笑)、誰でもなれるポジションじゃないんだと社長にも言われているので、車販売には自信がありますし、その期待に応えられるよう努めます!

ヤマヒロの「ここが好き」を教えてください。

(下)絞って言うならば(笑)、一人ひとりフラットに評価してもらえて、それが自分の成長に繋がっていく。私もでしたが専門知識はあまりなくても入ってから勉強できるし、そういった面でのケア、研修制度も整っています。そしてなんといっても社風、働いている人がとてもいいですね。

既に思い描いている、出向からヤマヒロに戻った後のプランはありますか?

(下)ヤマヒロって事業展開も広く、業界の中でも突出した存在だと思うんです。良い意味で、少し異常なくらい(笑)。ガソリンスタンドの新しい未来、可能性をつくっていけると思っています。そこで幹部として、会社の中心で新しい取り組みに挑戦したいです。若手にも年齢関係なく、いろいろな経験ができるよと、多様なキャリア形成を見せられたらいいなと思っています。

この記事を書いた人