人事部 新卒採用担当/2018年入社 井上雄太

4月で入社3年目を迎える井上さん。ヤマヒロ入社の決め手は?

井上さん(以下(井))出会いは大学4年の時に友達と参加した東京ビッグサイトでの合同説明会です。ヤマヒロの採用担当者が明るくてあったかくてもうお姉ちゃんのようで(笑)。何社か他にも内定をいただいてましたが、ヤマヒロは連絡のコミュニケーションも温かくて頻繁。一緒に働く人の雰囲気や社風が自分に合っていることは会社選びの大事な要素だったし、印象がダントツよかったんですよね。

印象はその後変わりましたか?

(井)変わりませんでした、熱いまま(笑)。6月に内定をもらった後は入社前研修があるんです。ビジネスマナーなど社会人になるにあたっての準備は周りの友達よりひと足先に済ませてました。20回は会社に行ってたので、会社の3割くらいの人…30人くらいの社員の顔と名前がわかるようになりました。お陰様で4月からの社会人スタートがスムーズに行きましたね。

入社時には社会人としての心構えがある状態に。いざ入社して、仕事はどうでしたか?

(井) 1年目はサービスステーションで、車の点検や車検の見積りなどお客様の車に対する提案業務をひと通り経験しました。タイヤ交換の整備も自分でできるようになりたくて、整備士の先輩にお願いして教えてもらいました。“損害保険募集人”“危険物取扱者”の資格を取得したのもの1年目です。過去問対策や勉強会など、採用担当が二人三脚でサポートしてくれて助かりました。

2年目からは、人事職へ。

(井)入社3ヵ月後頃から「店長になりたい」と言ってたんです。年に2回、社長に今後やりたい仕事を直接伝えられる育成面談があるので、やるからには上を目指したい想いを伝えていました。その後、長期的な組織づくりに関わりたいと考えるようになり、半年後の2月の面談で人事へ行きたいと社長に伝えました。今すぐではないけど将来的に会社に貢献できるなと。すると翌月、3月から本社勤務が待っていました。

1ヵ月後……! 意欲が社長に伝わった。

(井)自分でも展開の速さに驚きましたがさすがヤマヒロだな(笑)と。感謝の気持ちは仕事で還元したいです。今はサービスステーションのクルー(アルバイト)管理から採用活動、社内イベントなどを主に担当していますが、まだまだ会社や人事としての知識が足りていないので、我が社の潤沢な研修制度をフル活用して日々勉強中です。

意識高い! どんな研修ですか?

(井)いや自分には至って自然なサイクルです。例えば “コーチング研修”は課長・店長クラスが部下との接し方や効果的なモチベーションUPについて学ぶためのものですが、自分は採用に役立てたいと言って受けさせてもらうように。他にも会社の経営をゲーム感覚で勉強できるMG研修や、8時にスタートする早朝勉強会、マネージャークラスの仕事を体感できる1日カバン持ち研修など、スキルアップの場は日頃から用意されていて、我が社の自慢でもあります!

研修制度は豊富に揃っていますよね。他にもヤマヒロの自慢ありますか?

(井)例えば友人との飲み会でよくある上司や職場の愚痴とか、自分は本当にない。ストレスない環境で働かせてもらえていて純粋に感謝しています。社員同士仲いいんですよ。何かやるとき皆同じ方向を向いていて、失敗してもチャレンジすることを応援する雰囲気は前向きで心地いいです。

最後に、井上さんの今後の目標を教えてください!

(井)実は今日(2019年12月)大学3年生の方で内定者1号が出て! やっぱり嬉しいですよね。採用活動では社長を唸らせるような、若手から活躍する人材をどんどん集めていきたい。そのためにも正直ベースの会話、ヤマヒロの良さを自分を通して感じてもらえるようなコミュニケーションを心がけています。失敗してもいいからやってみたい、チャレンジしたいという人、お待ちしています!

この記事を書いた人